大阪の『相続』はお任せください

相続トータルサポート by 心グループ

空き家の相続に関するQ&A

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月17日

一人暮らしの母が亡くなり、大阪の実家が空き家になりました。特に使う予定もないので、このまま放置しても大丈夫ですか?

空き家を放置すると、様々なリスクが発生します。

空き家を相続し、そのまま放置すると、様々なデメリットが発生する可能性があります。

たとえば、空き家が遠方で、誰も管理していない状態になれば、建物はすぐに老朽化してしまいます。

もし、空き家が倒壊したような場合は、損害賠償請求をされてしまう可能性があります。

空き家を相続しても仕方がないので、兄弟に「遺産はいらない」と伝えておきました。これで、空き家に関わらなくても済みますよね?

他の相続人に「遺産はいらない」と伝えても、何も問題は解決していません。

空き家に関わりたくないのであれば、誰が空き家を相続するのかについて、正式な合意書を作成し、名義変更まで行う必要があります。

家庭裁判所で相続放棄の手続きをしました。もう相続人じゃないので、空き家に関わらなくてもいいですよね?

相続放棄をしても、空き家と無関係になれるとは限りません。

仮に、他の相続人が空き家を相続した場合は、その相続人が空き家の管理等の責任を負うことになります。

しかし、他の相続人全員が相続放棄をした場合は、空き家を管理する義務が残る可能性があります。

空き家を売却したいと考えているのですが、どのような手続きが必要ですか?

空き家の名義変更をする必要があります。

空き家を売却する場合は、売主が確定していなければなりません。

空き家の名義変更をしていない状態だと、名義上の空き家の所有者は、亡くなった方ということになります。

しかし、亡くなった方は空き家を売却することができないため、相続人の名義に変えておく必要があります。

空き家の名義変更は、どのような手続きが必要ですか?

必要書類をそろえた上で、法務局に申請します。

まず、相続人間で話し合いをして、誰が不動産を相続するのかを決めます。

そのうえで、戸籍謄本、印鑑登録証明書などの必要書類を法務局に提出します。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ