大阪の『相続』はお任せください

相続トータルサポート by 心グループ

自筆証書遺言のメリット・デメリット

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は,遺言書を作成したいと考えた方が,手書きで作成する遺言方法です。

文字通り「自筆」である必要があるため,遺言書を作成する方が,手書きで作成しなければなりません。

2 自筆証書遺言のメリット

⑴ 費用が安く済む

仮に公証役場で遺言書を作成する場合,公証人に手数料をしはらわなければなりません。

他方,自筆証書遺言であれば,いつでも自分で作成することができるため,費用が安く済みます。

⑵ 遺言書の内容を知られずに作成できる

遺言書は,どの財産を,誰に渡すかということを記載するため,誰にも知られずに作成したいという方も多くいらっしゃいます。

自筆証書遺言を作成する場合,証人が立ち会う必要がないため,内容を秘密にしたまま,作成することができます。

もっとも,遺言書を自宅に保管する場合は,誰かに見られてしまう可能性があるため,注意が必要です。

⑶ 作成する手間が比較的少ない

公証役場で遺言書を作成する場合は,通帳や戸籍謄本など様々な資料を集める必要があります。

また,大阪に不動産を所有している方であれば,その不動産の登記簿や固定資産税評価証明書が必要です。

しかし,自筆証書遺言であれば,そういった資料がなくても,作成することができます。

3 自筆証書遺言のデメリット

⑴ 無効になるリスクがある

自筆証書遺言は,作成方法が法律で定められており,法律どおりに作成しなければ,遺言書全体が無効になってしまうことがあります。

たとえば,うっかり日付を記入し忘れたり,氏名を記入し忘れた場合,その遺言書は無効になります。

⑵ 紛失や偽造の可能性

自筆証書遺言は,原則として,遺言者本人が自宅などで保管することになります。

そのため,家の掃除をしているときに,間違って捨ててしまったり,どこに保管したかを忘れてしまう等,遺言書を紛失してしまうリスクがあります。

また,遺言書に一部を,誰かに書き換えられてしまう可能性もあります。

もっとも,現在は法務局で遺言書を保管する制度ができたため,こういったリスクは避けることができるようになりました。

法務局で遺言書を保管する場合,遺言者の住所地,本籍地,所有する不動産の所在地のいずれかが大阪であれば,大阪の法務局で申請することができます。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ