大阪の『相続』はお任せください

相続トータルサポート@大阪 <span>by 心グループ</span>

遺言

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

遺言を作成するタイミング

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年1月4日

1 遺言は、「今すぐ」作成すべきです

だれしも「いつかは、自分にも相続の場面がやってくる」ということを認識しているはずです。

しかし、実際には、遺言を作成する方はそこまで多くありません。

「いつかは書こうと思っているけど、今すぐでなくてもいい」と考えている方も珍しくありません。

しかし、遺言は、今すぐに作成すべきです。

なぜなら、いつ相続が起きるかは、誰にも分からないからです。

遺言は、相続の争いごとを防止する最も強力な手段です。

いつか書こう、と考えているうちに、万が一のことがあっては、取り返しがつきません。

遺言は、いつでも書き換えることが可能なので、「とりあえず作っておく」という姿勢が、何よりも重要です。

2 結婚した時は遺言を作ることを考えましょう

多くの場合、結婚をするまでの法定相続人は、親や祖父母です。

結婚をすると、法定相続人は、配偶者と親に変わります。

もし、その状態でなくなってしまった場合、配偶者と親で、遺産の分け方について、話し合いをしなければなりません。

配偶者にとっては、義理の親と、遺産の分け方について話し合いをするということは、かなりの負担になる場合があります。

そのため、結婚をしたタイミングで、遺言を作成しましょう

3 子どもが生まれたら遺言を作成しましょう

子が生まれた場合、子は第1順位の相続人の立場になります。

多くの場合、配偶者と子が法定相続人になるため、相続が発生した場合、配偶者と子が遺産の分け方を話し合うことになります。

しかし、子が未成年の間は、複雑な問題が生じます。

配偶者と子は、法的には「遺産の取り合いができる」状態になるため、親権者である配偶者が、勝手に遺産の分け方を決めることはできません。

場合によっては、裁判所で複雑な手続きをしなければならないため、遺言を作成し、このような事態を防ぐ必要があります。

4 50歳を超えた時

50歳を超えると、急性の病気で、突然相続が発生してしまう可能性が上がります。

そのため、50歳を超えた方は、早く遺言を作成し、家族が困らないように対策を打つ必要があります。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ