大阪の『相続』はお任せください

相続トータルサポート@大阪 <span>by 心グループ</span>

遺留分侵害額請求

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

遺留分とは

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年4月19日

1 遺留分とは何なのか

遺留分はあまり日常で使われることがない言葉ですが、相続の場面では頻繁に使われる言葉です。

そのため、相続に関することを調べると、必然的に遺留分という言葉に触れることが出てくるでしょう。

しかし、遺留分の正確な意味や内容を理解している人は、あまり多くありません。

遺留分は、一言で言うと、一定の相続人に最低限認められた権利を指します。

もっとも、このような言葉だけでは、遺留分のイメージがつかめない方が多いでしょう。

そこで、遺留分について詳しくご説明します。

2 全ての相続人が遺留分の権利を持っているわけではない

遺留分の権利を持つのは、「一定の相続人」だけです。

日本の法律で相続人になることができるのは、①子や孫などの直系の子孫、②親や祖父母など直系の祖先、③兄弟姉妹・甥姪、④配偶者です。

このうち、③の兄弟姉妹・甥姪は遺留分の権利を持っていません。

そのため、相続人が兄弟姉妹・甥姪しかいないケースで、亡くなった方が特定の人に全財産を相続させる遺言書を残していた場合、兄弟姉妹・甥姪は、遺留分を請求することができません。

3 最低限の権利とは何か

遺留分は、「本来ならもらえるはずの権利の半分」について、請求できると言われることがあります。

大まかなイメージとしては間違っていませんが、誰が相続人かによって遺留分の割合が異なるため、不正確な表現と言えるでしょう。

どのパターンだと、どのような遺留分割合になるのかは、専門家に相談することをお勧めします。

4 遺留分はお金を請求する権利

遺留分は遺産に関する権利ではあっても、遺産そのものを渡すように要求できる権利ではありません。

遺留分に相当するお金を、請求することができる権利です。

たとえば、長男が実家を相続した際に、「実家の権利の一部を渡せ」という要求は原則としてできないということなります。

5 遺留分は期限に注意

遺留分は、遺留分侵害を認識してから1年以内に請求しないと、消滅してしまう権利です。

そのため、遺留分の請求を検討している方は、すぐに行動に移すことをお勧めします。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ